RIDEOLOGY / TOKYO MOTOR SHOW 2015

これまでのカワサキ、これからのカワサキ

今から43年前。世界最高のエンジン性能と大排気量車らしからぬ軽快なハンドリングで、
圧倒的なパフォーマンスを発揮した、Z1。

Z1 (1972)

そして昨年、スーパーチャージドエンジンによる誰も味わったことのない加速体験を実現したNinja H2/H2R。
カワサキのモーターサイクルは、いつの時代においても最高のパフォーマンスを提供してきました。

Ninja H2 (2015)

しかし私たちが目指しているものは高性能なだけではなく、ライダーが五感で楽しむことができるモーターサイクル。
美しいスタイルを眺めたり、エキゾーストノートに聞き惚れたり、エンジンの鼓動を味わったり。
さまざまな情景の中で、ライダーのココロを豊かにしたい。
カワサキの思いは、これまでも、そしてこれからも変わることはありません。

Concept SC 01
Page Top