リコール情報 : Ninja H2 SX・Ninja H2 SX SE・Ninja H2 SX SE+・Ninja H2 CARBON・Z H2・Z H2 SE
(2022年12月9日届出)



リコール届出番号 5254 リコール開始日 令和4年12月9日
不具合の部位(部品名)

原動機(カムシャフトチェーンテンショナ)

基準不適合状態にあると認める
構造、装置又は性能の状況及び
その原因
カムシャフトチェーンの張力を調整するテンショナにおいて、使用により内部の部品が劣化しプランジャが押し戻され、プランジャがロックすることがある。プランジャがロックされた状態で使用を続けると、カムシャフトチェーンに張力が掛からずに異音が発生し、最悪の場合、カムシャフトタイミングがずれ、走行中にエンジンが停止することがある。
改善措置の内容

全車両、カムシャフトチェーンテンショナを対策品と交換する。

発見の動機

市場からの情報による。

自動車使用者及び自動車特定整備事業者等に周知させるための措置
  • 使用者:ダイレクトメール等で通知する。
  • 自動車特定整備事業者等:日整連発行の機関紙に掲載する。
  • 弊社のインターネットホームページのリコール等情報サイトに掲載する。

型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
2BL-ZXT02A Ninja H2 SX
ZXT02A-000800〜ZXT02A-009996
平成30年1月10日〜令和2年3月27日
2,178
Ninja H2 SX SE
Ninja H2 SX SE+
2BL-ZXT02J Ninja H2 CARBON
ZXT02J-000229〜ZXT02J-003281
令和元年5月15日〜令和3年7月9日
311
2BL-ZRT00K Z H2
ZRT00K-003160〜ZRT00K-014025
令和2年3月3日〜令和4年2月17日
996
Z H2 SE
8BL-ZXT02P Ninja H2 SX
ZXT02P-000891〜ZXT02P-001768
令和4年3月2日〜令和4年11月30日
704
Ninja H2 SX SE
(計4型式) (計6車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成30年1月10日〜令和4年11月30日
計 4,189台

<備考> リコール対象車の車台番号の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。

 

 

リコール等情報対象車両の検索
車台番号から、対象車両に該当しているか
検索できます

検索