2017 All Japan Motocross Championship

  • ■ 2017年 全日本モトクロス選手権 第6戦 SUGO大会
  • ■ IA1
  • ■ 開催日:2017年8月27日(日)
  • ■ 会場名:スポーツランドSUGO

小方誠が今季6勝目をマーク(1位/2位)!
新井宏彰は総合3位に入賞(4位/3位)!

#10 小方 誠

 第5戦藤沢でIA1ランキング首位の座を明け渡した小方誠だが、新リーダーの山本鯨との差はわずかに3ポイント。自ずと第6戦菅生は、首位奪回を狙う重要な一戦になった。今大会までには1ヶ月半のインターバルがあったが、小方のみならず負傷から復調途上だった新井宏彰にとっても、十分な準備期間だった。
 スポーツランドSUGOのモトクロスコースは、記録的な長雨によって水浸しとなっていたが、今大会の開催日には奇跡的な好天に恵まれた。マディだったコースは補修作業によって、ほぼドライコンディションが実現。予選日は大坂のアップダウンを避けたバイパスを利用したが、決勝日は通常通りのフルコースでレースが行われた。
 決勝ヒート1では、小方と新井が4~5番手でオープニングラップを消化。上位が転倒などで整理されると、成田亮、山本、小方、新井というオーダーになった。その後、前に出た山本が転倒により後退。トップに返り咲いた成田を攻略した小方が、9周目からレースリーダーとなった。小方は今シーズン6勝目となるヒート優勝をゲット。新井はトップグループから徐々に離され、4位でチェッカーを受けた。
 ヒート2では、先行する山本に、小方、新井が続いてトップグループを形成した。4周目には小方がリーダーに躍り出たが、山本と新井も僅差で追走。このまま行けば小方のパーフェクトも…と期待が高まった20分すぎ、小方が転倒して山本にトップの座を奪われてしまった。チェッカーフラッグは山本、小方、新井の順で振られる。この結果、総合では山本が2位/1位、小方が1位/2位の同点。小方のシリーズポイントは、再び3点ビハインドとなった。

レポート

●小方誠の第6戦(IA1/1位/2位)

 ヒート1は理想的な展開でした。スタートでいいところにつけてトップを狙っていたんですが、中盤になって山本選手が大坂の前で転倒。成田選手は3コーナー後の登り坂で抜きました。予選でもこの2人との接戦でしたが、手応えを感じていたので勝てる自信はありました。
 終盤になって山本選手が2位になったので、ヒート1が終わった段階で同点首位に並んだことは知っていました。ヨシヨシ!って感じですね。そんなに有頂天な気分ではなく、ヒート2も同じように走れば大丈夫だろう…みたいな、割と冷静な気持ちでした。
 ヒート2でもスタートが決まって2番手。そのまま早めに山本選手を抜いて、ラスト10分を切る頃までトップを走りました。ところがヨーロピアンセクションの3個目の右コーナーで、後輪をワダチから外して転倒。もったいないことをしちゃいました。ミスの原因は…うーん…プレッシャーというわけではないんですが、ちょっと雑になって開けすぎたのかもしれません。山本選手が後ろにいたのでペースを上げていたんです。
 今回の菅生はマディを両側に寄せていたので、コース幅がいつもより狭かったですね。ライン取りに関してはかなり限定される感じでした。路面は掘り返されていなかったので、硬めのコンディションでしたが、ヨーロピアンやフィニッシュ前など、ソフトなところもあってワダチができていました。
 菅生には事前テスト以外にも、個人練習にちょくちょく来ていました。3~4回だったかなぁ。ところが8月の東北はずっと雨だったそうで、僕が来たときも全部雨でした。1泊2日パターンだから、8日間雨!ですね。関東でも雨の日が多かったし、休むわけにもいかないのでしかたありません。
 1日のメニューは大抵ヒート練習×3本なんですが、菅生ではスタックするほどのマディだったので、ヒートごとに洗車していました。はい、1日に3回洗車したので、走行より洗車時間の方が長かったような気がします。そこまでして準備した菅生なんですが、本番ではいい天気になったので、マディでの練習量がどれだけ役に立ったのか微妙ですね。土曜朝の公式練習だけだったかなぁ。
 今回は、獲れたはずのピンピンを逃した…というよりも、こんなものなのかもしれない…という気持ちです。山本選手も速かったので、ミスがなくても勝てたかどうか…。残り3戦ですが、勝てる自信はあります。今日みたいなミスをしなければ、チャンピオンになれると信じています。

  • #10 小方 誠
  • #10 小方 誠

●新井宏彰の第6戦(IA1/4位/3位)

 ケガからの復帰戦だった前回の藤沢は、乗り始めて間もないレースということでちょっと厳しかったけれど、今回は間に1ヶ月半あったのでしっかり乗り込めました。身体のコンディション的には、ほぼベストの状態でレースに臨むことができました。
 藤沢ではトレーニングはやっていたものの、ライディングが足りなかった。3週間乗らないでいると、かなり落ちるんです。寒い時期なら問題ないんですが、夏場にライディングが足りないと如実に出ます。乗り込みによって身体が暑さに順応するんです。
 4位/3位という結果には満足していないし、走り自体もあまり納得できていません。最近の菅生に関してはあまり相性がよくないんですが、走りとマシンセッティングが決まれば、もっと行けた気がします。
 ヒート1のスタートは、あまり良くなかったんですが、序盤2~3周で4番手まで上がって、トップスリーに付いて行ったんです。ところが1周につきコンマ何秒単位で離され、徐々に遅れていった結果、単独4位でフィニッシュしました。
 ヒート2はスタートが決まって、3番手から前をプッシュしました。小方や山本選手にも離されず、並んだりしたこともあって、行けるかなという感触もあったんです。どこが変わったかと言うと、ヒート1でラインが悪かったところを修正しました。大坂はイン側を登っていたんですが、登った先のコーナーで立ち上がりの加速が悪かったので、アウトから登って右に振るラインに変えました。上位のライダーがそういう走り方をしていたので、真似をしたら速かったんです。
 ただ、何度か転倒寸前の危ないことがあって、ターン3の先の登りとか、奥のヨーロピアンとかで振られました。このままのペースだとコケそうだと思って、ちょっと抑えることにしたんです。序盤ハイペースで飛ばしたので、後ろにマージンができていたこともあり、そこからは3位キープの走りになってしまいました。
 路面は思った以上に走りやすかったですね。菅生さんがメンテナンスをしっかりやってくれたおかげです。ただ、硬い路面は嫌いじゃないけれど、ワダチやギャップが硬くなると難しかった。硬質と軟質が混ざっているのも難しい。全部硬質、全部軟質なら思い切り走れるんですが…。
 そう言えば、予選で大坂をカットされたのは嫌でしたね。あそこを登る前提で2コーナーを立ち上がる、そういう動作が染み付いているので、手前で右に曲がるショートカットに入らないで直進しそうになるんです。今回も勘違いで真っ直ぐ行こうとしたら、アウトから小島選手が寄ってきてぶつかりそうになりました。しかも2周連続で!
 もちろん、こっちが悪いんですけどね。小島選手はゆっくりふくらんで、ショートカットに入ろうとしていた。僕は大坂を登る気満々で、インを回ってから全開で立ち上がっていた。だから慌てて戻して右に曲がったんです。ショートカットの入り方を教えてもらいましたよ。
 そんなわけで、なんとかヒート2でポディアムに立てましたが、この成績に満足することなく、次戦からはもっと勝ちますからね。

  • #331 新井 宏彰
  • #331 新井 宏彰

リザルト

IA1 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 10 小方 誠 Kawasaki KX450F-SR
2 400 山本 鯨 Honda CRF450RW
3 1 成田 亮 Honda CRF450RW
4 331 新井 宏彰 Kawasaki KX450F-SR
5 7 深谷 広一 Suzuki RM-Z450WS
6 99 平田 優 Yamaha YZ450FM
7 113 田中 雅己 Honda CRF450R
8 166 星野 優位 KTM 450SX-F
9 8 星野 裕 Kawasaki KX450F
10 45 大塚 豪太 Honda CRF450R
11 44 小島 庸平 Suzuki RM-Z450WS
12 15 鈴木 正明 Suzuki RM-Z450
13 19 長門 健一 Honda CRF450R
14 04 大石 一斗 Kawasaki KX450F
15 09 小野 千成 Honda CRF
16 89 阿部 公亮 Yamaha YZF
17 21 中村 泰介 Yamaha YZ450FX
18 20 白石 翔也 Yamaha YZ450F
19 793 池谷 優太 Suzuki RM-Z450

IA1 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 400 山本 鯨 Honda CRF450RW
2 10 小方 誠 Kawasaki KX450F-SR
3 331 新井 宏彰 Kawasaki KX450F-SR
4 1 成田 亮 Honda CRF450RW
5 7 深谷 広一 Suzuki RM-Z450WS
6 99 平田 優 Yamaha YZ450FM
7 8 星野 裕 Kawasaki KX450F
8 793 池谷 優太 Suzuki RM-Z450
9 45 大塚 豪太 Honda CRF450R
10 113 田中 雅己 Honda CRF450R
11 166 星野 優位 KTM 450SX-F
12 15 鈴木 正明 Suzuki RM-Z450
13 04 大石 一斗 Kawasaki KX450F
14 09 小野 千成 Honda CRF
15 19 長門 健一 Honda CRF450R
16 89 阿部 公亮 Yamaha YZF
17 21 中村 泰介 Yamaha YZ450FX
18 20 白石 翔也 Yamaha YZ450F

IA2 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 912 小川 孝平 Honda CRF250R
2 30 岡野 聖 Yamaha YZ250F
3 922 古賀 太基 Honda CRF250R
4 17 安原 志 Kawasaki KX250F
5 48 鳥谷部 晃太 Yamaha YZ250F
6 31 渡辺 祐介 Yamaha YZ250FM
7 35 横澤 拓夢 Honda CRF250R
8 62 浅井 亮太 Yamaha YZ250F
9 57 大木 汰一 Kawasaki KX250F
10 38 池本 凌汰 Suzuki RMZ
11 50 小林 秀真 Kawasaki KX250F
12 51 笠原 氷河 Yamaha YZ250F
13 42 北原 岳哲 Kawasaki KX250F
14 02 大城 魁之輔 Honda CRF250
15 08 下村 里駆 Honda CRF250R
16 54 高輪 喜樹 Honda CRF250R
17 377 渡辺 涼太 Kawasaki KX250F
18 59 迫田 勇馬 Kawasaki KX250F
19 56 菅谷 峻介 Kawasaki KX250F
20 40 道脇 右京 Honda CRF250R

IA2 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 31 渡辺 祐介 Yamaha YZ250FM
2 30 岡野 聖 Yamaha YZ250F
3 922 古賀 太基 Honda CRF250R
4 17 安原 志 Kawasaki KX250F
5 40 道脇 右京 Honda CRF250R
6 35 横澤 拓夢 Honda CRF250R
7 43 内田 篤基 Suzuki RM-Z250
8 41 鈴村 英喜 Honda CRF250R
9 57 大木 汰一 Kawasaki KX250F
10 52 平山 力 Kawasaki KX250F
11 48 鳥谷部 晃太 Yamaha YZ250F
12 51 笠原 氷河 Yamaha YZ250F
13 62 浅井 亮太 Yamaha YZ250F
14 42 北原 岳哲 Kawasaki KX250F
15 08 下村 里駆 Honda CRF250R
16 06 西垣 魁星 Yamaha YZ250F
17 38 池本 凌汰 Suzuki RMZ
18 377 渡辺 涼太 Kawasaki KX250F
19 03 石浦 優 Suzuki RMZ
20 60 高原 秋斗 Suzuki RM-Z250

2017年 全日本モトクロス選手権 ポイントランキング

Page Top