2018 Asia Road Racing Championship

  • ■ 2018年 アジアロードレース選手権 第3戦 日本大会
  • ■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250cc
  • ■ 開催日:2018年6月3日(日)
  • ■ サーキット名:鈴鹿サーキット(5.821 km)

SS600でアズラン勝利(レース1)、ユディスティラは連続表彰台!
AP250ではファドリが今期2度目の表彰台。

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

レポート

 3月の事前テストの甲斐あって、アズランはポールポジションを獲得。ユディスティラは8番グリッドからのスタートとなる。

アズランとユディスティラは、レース1前半はタイヤ温存のため敢えて先頭争いからは一歩下がって様子を伺う。5ラップ目でユディスティラは先頭集団に加わり、アズランとともにトップ争いを展開する。タイヤが10ラップ目で消耗を見せはじめたユディスティラをおさえて、アズランが1位を獲得、ユディスティラがこれに続き、カワサキ勢は1-2を獲得した。

 レース2では最初のラップで転倒者が出て赤旗中断。10ラップで再開されたレースでは、ユディスティラが4ラップ目で先頭集団に追いつき、3位で連続表彰台を飾った。アズランは手堅く5位でゴール。今ラウンド終了時点でアズランはランキング2位に浮上、ユディスティラは12位から5位に急上昇した。

 AP250では、前回のオーストラリア戦につづき、ファドリは鈴鹿でも大きな進歩を見せた。

 レース1ではレザ・ダニカ・アーレンス(H)、ムクラダ・サラプーチ(H)らとトップ5内で激闘を繰り広げた。最終ラップ、ゴール目前で2番手をつかみかけたがシケインで転倒し、惜しくもそのままノーポイントとなった。

 レース2では冷静に周回を重ね、6ラップ目で勝負に出た。そのまま今シーズン2度めの表彰台を得た。

Azlan Shah Kamaruzaman:

 「鈴鹿の基本セットアップはもう出来上がっていて、タイヤは最後の5周で勝負をかけるまで温存する作戦でいた。レース1は考えていた通りの展開になり、これまで鈴鹿につきまとっていた不運が吹き飛んだ気分だ。だがレース2では気温が上がってエンジンの調子が変わったうえ、赤旗中断の影響で周回数を減らされてしまい、いろいろと狂った展開になってしまった」

H A Yudhistira:

 「3列目からのスタートでも先頭集団についていける自信はあったが、かなり頑張る必要があった。レース1では早めにリードを稼いでおこうしたのだが、タイヤには悪影響だったらしく、2位までしかいけなかった。レース2でも展開は同じようなもので、しかも赤旗で周回数が減らされたので余計に苦しくなった。気温が上がった影響も出てきてはいたが、乗り切った。次のインド戦が楽しみだ」

Andy Muhammad Fadly:

 「マシンは開発が順調に進んでいる。レース1はむずかしい展開になって、二番手争いから出られなかった。最後のシケインでつい攻めすぎてしまい転倒したのは残念だ。レース2では0.2秒たらずの差で3位だったが、満足している」

藤原コーチ:

 「チームとライダーにお礼を言いたい。AP250とSS600で合わせて優勝1回に表彰台のべ3人は大きな成果だ。3人のライダーが皆タイトルをかけて争うところまで、近いうちに持っていきたい。 AP250レース1の転倒はファドリのミスとはいえない。ライダーは限界まで攻めるのが仕事だからだ。だから彼がピットに戻ったとき、チームは拍手で迎えた。 シーズン開幕から今回まで、ファドリがたゆまず進歩を見せているのはうれしいことだ。彼とチームの努力のおかげで、Ninja250は勝てるマシンに近づいてきている 」

  • #25 Azlan Shah Kamaruzaman #33 H A Yudhistira
  • #33 H A Yudhistira
  • #108 Andy Muhammad Fadly

リザルト

Race 1

Pos. No. Rider Machine
1 25 Azlan Shah Kamaruzaman Kawasaki
2 33 Ahmad Yudhistira Kawasaki
3 13 Anthony West Yamaha
4 76 伊藤 勇樹 Yamaha
5 21 Md Zaqhwan Zaidi Honda
6 64 Keminth Kubo Yamaha
7 634 小山 知良 Honda
8 56 Ratthapong Wilairot Yamaha
9 22 南本 宗一郎 Yamaha
10 57 奥田 教介 Kawasaki
11 24 Decha Kraisart Yamaha
12 23 羽田 太河 Honda
13 20 Azroy Hakeem Anuar Honda
14 127 Kasma Daniel Kasmayudin Yamaha
15 123 Passawit Thitivararak Honda
16 88 栗原 佳祐 Honda
17 66 Muhammad Ibrahim Norrodin Kawasaki
18 80 Md Afiq Azmi Yamaha
19 29 Patrick Li Yamaha

Race 2

Pos. No. Rider Machine
1 13 Anthony West Yamaha
2 64 Keminth Kubo Yamaha
3 33 Ahmad Yudhistira Kawasaki
4 76 伊藤 勇樹 Yamaha
5 25 Azlan Shah Kamaruzaman Kawasaki
6 27 Andi Farid Izdihar Honda
7 56 Ratthapong Wilairot Yamaha
8 24 Decha Kraisart Yamaha
9 21 Md Zaqhwan Zaidi Honda
10 634 小山 知良 Honda
11 23 羽田 太河 Honda
12 22 南本 宗一郎 Yamaha
13 127 Kasma Daniel Kasmayudin Yamaha
14 20 Azroy Hakeem Anuar Honda
15 32 Md Ramdan Rosli Yamaha
16 123 Passawit Thitivararak Honda
17 80 Md Afiq Azmi Yamaha
18 88 栗原 佳祐 Honda
19 66 Muhammad Ibrahim Norrodin Kawasaki
20 92 Md Muzakkir Mohamed Yamaha

2018年 アジアロードレース選手権 ポイントランキング

Page Top