国内二輪車メーカー4社(※1)と輸入事業者5社(※2)(以下、参加事業者)が参加して、 二輪車の流通実態に即した二輪車リサイクルシステムを構築し、販売店様(廃棄二輪車取扱店)にご協力をいただきつつ、リサイクルシステムの運用を2004年10月1日から開始いたしました。
 2011年10月からは、リサイクルシステムの運用前に販売したリサイクルマークが貼付されていない二輪車についても、リサイクル料金のご負担はありません。


※1:本田技研工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社、スズキ株式会社、川崎重工業株式会社



※2:株式会社イーケィエー、ドゥカティジャパン株式会社、ビー・エム・ダブリュー株式会社、SPK株式会社、
キムコジャパン株式会社





■システムの概要

1. リサイクルシステムに参加する参加事業者は、廃棄二輪車について指定引取場所、処理・リサイクル施設を設置し、リサイクルシステムの運用、管理を行います。

2. 参加事業者は、新たに販売する車両に二輪車リサイクルマークを貼付して販売し、廃棄される時には、費用を徴収せずに引き取り、リサイクルいたします。

リンク