Kawasaki Technology

Assist & Slipper Clutch

クラッチセンターとプレッシャープレートの勘合部に、アシストカムとスリッパーカムという2種類のカムを設けることで、従来のクラッチユニットにはない、ふたつの機能を持たせたクラッチ。
通常のエンジン回転時には、アシストカムによるセルフサーボ効果がクラッチプレートの圧着をアシスト。クラッチレバーの操作力を大幅に軽減することで、ライダーの疲労を低減させ快適なライディングを実現する。
また、急なシフトダウンやミスシフトなどで過度なエンジンブレーキが掛かった際には、スリッパー機構が作動。スリッパーカムがクラッチプレートの圧着を弱め、バックトルクを逃がすことで、リアタイヤのホッピングやスリップを低減する。素早いシフトダウンが要求されるサーキット走行などでその効果が期待できる。

Page Top