自主回収情報:JET SKI STX-15F



自主回収開始日
2009年8月18日
不具合内容

燃料タンクの製造過程において、一部異材料が使用されたものがある。その燃料タンクをそのまま使用を続けると、燃料タンクの後端面のパーティング部にクラックが発生する可能性がある。またクラックから流れ出た燃料がエンジンルームに溜まり、最悪の場合、火災事故につながるおそれがある。

回収措置の内容

燃料タンクの製造ロット番号を点検し、対象ロットの燃料タンクが使用されている場合は、燃料タンクを交換する。


型式
通称名

自主回収対象艇の船体番号(HIN番号)

自主回収対象台数
JTT50A
JET SKI STX-15F

US-KAW31873A808〜US-KAW34418D808

267