自主回収情報:JET SKI ULTRA 250X, ULTRA LX



自主回収開始日
2007年12月10日
不具合内容

スロットルレバー(以下、レバーと略す)の一部がハンドルパッド内に入り込んだデザインに対して、その構造が不適切であったため、走行中に加わった外力によりレバーが動いてハンドルパッド内に入り込み、パッドの一部がレバーに干渉し、スロットルから手を離してもアイドルポジションの少し手前でレバーが止まる可能性がある。その結果、エンジン回転数がアイドリングに下がらず、最悪の場合、衝突事故を起こすおそれがある。

回収措置の内容

スロットルレバーの動きを規制し、スロットルレバーがハンドルパッドに入り込むことを防止するプレートをスロットルレバー内部に取り付ける。


■回収対象艇種、製造番号一覧表

通称名
型式

製造番号(HIN番号)

ULTRA 250X
JT1500B7F

US-KAW30169L607〜US-KAW37247F707

ULTRA LX
JT1500C7F
US-KAW40294K607〜US-KAW42558D707