リコール情報 : ニンジャ 250R・KLX250・D-TRACKER X
(2017年7月3日届出)



リコール届出番号 4072 リコール開始日 平成29年7月3日
不具合の部位(部品名)

燃料装置(燃料ポンプ)

基準不適合状態にあると認める
構造、装置又は性能の状況及び
その原因
燃料ポンプにおいて、バッテリから供給される電圧の変動と、燃料ポンプの製造バラツキにより、内部部品が早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、摩耗が進行し、燃料ポンプが作動不良となり、エンジンが始動できなくなるおそれがある。
改善措置の内容

全車両、燃料ポンプを対策品に交換する。

発見の動機

市場からの情報による。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
  • 使用者:ダイレクトメールで通知する。
  • 自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
  • 改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプに No.4072のステッカーを貼付する。

型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
JBK-EX250K ニンジャ 250R
EX250K-A00152 〜 EX250K-A49225
平成20年2月18日〜平成24年11月27日
19990
JBK-LX250S KLX250
LX250S-A00072 〜 LX250S-A24843
平成20年1月26日〜平成28年12月27日
4677
JBK-LX250V D-TRACKER X
LX250V-A00030 〜 LX250V-A10681
平成20年1月26日〜平成28年12月8日
4396
(計3型式) (計3車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成20年1月26日〜平成28年12月27日
計 29063台

<ご注意> 対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。
また、対象範囲内であっても、一部に回収済の車両もあります。

 

ニンジャ 250R

KLX250

D-TRACKER X