改善対策情報 : Z125 PRO (2016年7月6日届出)



改善対策届出番号 502 改善対策開始日 平成28年7月6日
不具合状態にあると認める
構造、装置又は性能の状況及びその原因
後輪用ショックアブソーバで使用しているグリスの選定が不適切なため、 当該ショックアブソーバのオイルシールのシール性が低下することがある。 そのため、オイルシール部からオイルが漏れ、最悪の場合、漏れたオイルが 後輪タイヤに付着し、滑りやすくなり転倒するおそれがある。
改善対策の内容

全車両、後輪用ショックアブソーバを良品と交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
  • 使用者:ダイレクトメールで通知する。
  • 自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
  • 改善実施済車には、その旨を定期点検整備記録簿に記載する。

型式 通称名 改善対策対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
改善対策対象車の台数
2BJ-BR125H Z125 PRO
BR125H-A02621 〜 BR125H-A09234
平成28年3月15日〜平成28年6月9日
1377
(計1型式) (計1車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成28年3月15日〜平成28年6月9日
計 1377台

<ご注意> 改善対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合もあります。