改善対策情報 : KLX125・D-TRACKER 125 (2016年3月16日届出)



改善対策届出番号 490 改善対策開始日 平成28年3月17日
不具合状態にあると認める
構造、装置又は性能の状況及びその原因
サイドスタンドブラケットをメインフレームに取り付けている溶接部の強度が不足しているため、走行時の振動等により溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合、駐車中に溶接部が破損し、車両が転倒するおそれがある。
改善対策の内容

全車両、サイドスタンドブラケットのメインフレームへの溶接部を点検し、損傷のないものは補強プレートを追加する。損傷のあるものは補修後、補強プレートを追加する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
  • 使用者:ダイレクトメールで通知する。
  • 自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
  • 改善実施済車には、その旨を定期点検整備記録簿に記載する。

型式 通称名 改善対策対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
改善対策対象車の台数
EBJ-LX125C KLX125
LX125C-A00056 〜 LX125C-A12549
平成21年10月31日〜平成28年2月29日
7130
EBJ-LX125D D-TRACKER 125
LX125D-A00078 〜 LX125D-A09735
平成21年10月29日〜平成27年10月28日
4895
(計2型式) (計2車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成21年10月29日〜平成28年2月29日
計 12025台

<ご注意> 改善対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合もあります。