リコール情報 : W800 (2013年1月30日届出)



リコール届出番号 3083 リコール開始日 平成25年1月31日
不具合の部位(部品名)

燃料装置(燃料ポンプ)

基準不適合状態にあると認める
構造、装置又は性能の状況及び
その原因

燃料ポンプにおいて、内部ベアリングの耐久性が不足しているため、ベアリングが磨耗する場合があり、円滑に作動しなくなるとともに、異音が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、磨耗の進行に伴い、燃料吐出量が低下して、エンジン不調が発生し、最悪の場合、ベアリングが破損して燃料を吐出できなくなり、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

改善措置の内容

全車両、燃料ポンプを対策品と交換し、取付ボルトを新品と交換する。

発見の動機

市場からの情報による。


型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
EBL-EJ800A W800
EJ800A-001092 〜 EJ800A-011196
平成22年12月17日 〜 平成24年7月31日
3351
          合計 3351台

<ご注意> 対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。
また、対象範囲内であっても、一部に回収済の車両もあります。