リコール情報 : ニンジャ 250R (2009年12月7日届出)



リコール届出番号 2437 リコール開始日 平成21年12月8日
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 原動機のクランクケースにおいて、オイル通路外壁に鋳造不良があるため、原動機運転中にエンジンオイルが漏れるものがある。そのため、漏れたオイルが後輪タイヤに付着し、最悪の場合、転倒するおそれがある。
改善措置の内容 全車両、クランクケースを点検し、オイル漏れがある場合はコーキングにて修正する。

型式 通称名 リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
リコール対象車の台数
JBK-EX250K ニンジャ 250R EX250K-A21173〜EX250K-A24015
平成21年7月13日〜平成21年10月9日
726
          合計 726台

<ご注意> リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。