その他選手権
-世界で戦うライムグリーン-

世界耐久選手権

世界耐久選手権

世界耐久選手権は、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が公認する、世界最高峰の耐久レース。1レースが8時間または24時間に設定され、ライダー交代、給油、タイヤ交換を行いながら順位を競う。マシンは、4ストローク1000ccまでのエンジン(2気筒は1200ccまで)を搭載した市販車をベースに、給油やタイヤ交換を素早く行える装備や、信頼性を重視したチューニングが施されている。また、夜間走行を行うためヘッドライトの装着が義務付けられている。鈴鹿8耐やル・マン24時間、ボルドール24時間など、歴史と伝統を持つレースが多く、近年はハイペースな戦いが長時間におよぶことから、世界で最も過酷なレースの一つとして人気を集めている。
カワサキ系列では、フランスのカワサキ現地法人がサポートし、ル・マンやボルドールでも優勝経験のある「チームSRCカワサキ・フランス」がNinja ZX-10RRで選手権に参戦する。

ブリティッシュスーパーバイク選手権

ブリティッシュスーパーバイク選手権

ブリティッシュスーパーバイク選手権は、イギリス国内を中心に行われるロードレース。スーパーバイク選手権やMotoGPに多くのライダーを輩出し、その逆にスーパーバイク選手権やMotoGP を走ったライダーが参戦するなど、選手権のレベルや人気が非常に高いことで有名である。レースは、4ストローク1000ccまでのエンジン(2気筒は1200ccまで)を搭載した市販車ベースのマシンで競われるが、トラクションコントロールなどの電子制御が禁止されており、ライダーのテクニックがより試されることになる。
当選手権では、2018年にレオン・ハスラムがNinja ZX-10RRでチャンピオンを獲得するなど、近年カワサキ系列のチームが活躍。2019年は、カワサキのイギリス現地法人がサポートする「JG Speedfit Kawasaki」が、トップチームとしてNinja ZX-10RRで参戦する。

アジアロードレース選手権

アジアロードレース選手権

アジアロードレース選手権は、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)に承認されたロードレースで、市販車をベースにしたマシンでアジア諸国を転戦し、チャンピオンを争う。2019年より、新たに選手権最上位クラスに位置するASB1000が設立。4ストローク1000ccまでのエンジン(2気筒は1200ccまで)を搭載したマシンで競われる。また、既存の600ccクラスのマシンで競われるスーパースポーツ600cc、250ccクラスのマシンで競われるアジアプロダクション250ccも引き続きレースが行われる。選手権のレベルは年々上がってきており、活躍したライダーが欧州の中でもレベルが高いといわれるスペイン選手権や、MotoGPへステップアップする事も多い。
カワサキ系列では、タイのカワサキ現地法人がサポートする「Kawasaki Thailand Racing Team」がASB1000に、「Manual Tech KYT Kawasaki Racing」がアジアプロダクション250ccに参戦する。

全日本ロードレース選手権

全日本ロードレース選手権

全日本ロードレース選手権は、MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催する日本国内最高峰のロードレースで、日本国内のサーキットを転戦しチャンピオンを争う。レースの最上位クラスに位置するJSB1000は、4ストローク2気筒850cc~1200cc、3気筒750cc~1000cc、4気筒600cc~1000ccのエンジンを搭載した市販車をベースにしたマシンで競われる。マシンの改造範囲は制限されており、市販車が持つ本来の性能が証明される場として高い人気を誇っている。
カワサキ系列では、「カワサキモータースジャパン」が擁する「カワサキチームグリーン」が、カワサキのトップチームとしてNinja ZX-10RRでJSB1000に参戦する。

全日本モトクロス選手権

全日本モトクロス選手権

全日本モトクロス選手権は、MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催する日本国内最高峰のモトクロスレース。日本各地で開催され、未舗装の起伏に富んだ自然の地形を利用し人工的セクションを設けたダートコースで順位を競う。国際A級ライダーの参戦するクラスは、IA1(2ストローク250cc以下、4ストローク450cc以下)とIA2(2ストローク125cc以下、4ストローク250cc以下)の2クラスで、マシンは競技専用のモトクロッサーを使用する。
カワサキ系列では、「カワサキ・モータース・ジャパン」が擁する「カワサキ・チームグリーン」が、カワサキのトップチームとしてファクトリーマシンのKX450F-SRでIA1に参戦する。