レースレポート

全日本ロードレース選手権第3戦 九州/オートポリスサーキット 2010年05月23日

自己ベストを大幅更新し、ポールポジションを獲得
悪天候で決勝レース中止となるもランキングは3位に浮上


#87 柳川 明

 

 雄大な阿蘇の山ふところ、標高800メートルの高原に広がるオートポリスはKawasakiのホームコース。九州に居を構える柳川にとってもまさにホームの名にふさわしいサーキットで、これまで幾度となく好成績を残している。レースウィーク直前に行われた事前テストで2番手のタイム1分51秒台と好調な滑り出し、決勝レースを見据えたロングランでも安定した速さを見せ、今シーズン初優勝の期待が高まる中でレースウィークを迎えた。
 

全日本ロードレース レポート

#87 柳川 明

TeamGreen
 

 金曜日のフリー走行では夏の陽気となったオートポリス。レースウィーク前から手応えを感じていた柳川は、その好調ぶりをうかがわせるかのように、事前テストのタイムを上回る1分50秒988秒をマークして僅差の2位につける。明けて土曜日の予選は、ノックアウト方式。予選開始直前からポツポツと降り出した雨のもとでも、柳川の勢いはとまらずQ1セッションからただ一人1分50秒台前半をたたき出し、トップで通過。ドライコンディションでマークしたタイムをあっさり塗りかえた。さらに上位12台に絞られるQ2セッションは、最終セッションの確認作業に専念しがらも2番手の好タイムでQ3セッションに駒を進めた

 圧巻は決勝グリッドを決めるQ3セッション。この頃から雨あしが強くなり、徐々に路面を濡らしはじめていた。制限時間はQ2と同じ15分。少しでも路面状況が変わらないうちにタイムアタックをしようと、各ライダーがコースオープンと同時にピットを飛び出していくなか、柳川は30秒ほどずらしてピットを離れる。クリアな状況を作り、最初から最後まで自分の走りに徹する作戦である。

  狙いは的中。最初のアタックで、いきなり1分50秒193の自己ベストを更新して、リーディングボードのトップにゼッケン87を点灯。さらに残り時間がわずかになったところで、ソフトコンパウンドのニュータイヤに履き替えて、コースレコードを塗りかえるタイムアタックに挑む。しかし雨脚が強くなってきたため、スリックタイヤでのアタックは無謀と即座に判断した柳川は、セーフティスピードに切り替えそのままチェッカーを受けた。
  序盤の果敢な攻めが功を奏して、全日本選手権では初のポールポジションを獲得。ホームコースでのポールトゥウインに一気に期待が高まった。

  迎えた決勝の朝、オートポリスは昨夜来の激しい雨が続き、主催者側の判断で、午前8時開始予定のウォームアップ走行を2時間後ろにずらすスケジュール変更が行われたが、天候は快復する兆しがなく、午前9時半には関係者が集まりミーティングが開かれた。灌水によるコース上の安全確保の問題と、来場者の道中の安全を考慮してレース中止が決定。規定により、土曜日に行われた予選での順位がリザルトに反映され、シリーズポイントは50%を加算。自己ベストをたたき出しポールポジションを奪った柳川は、12.5ポイントを獲得し、総合で3位に浮上した。
 

#87 柳川 明

柳川明のコメント
 「ポールポジションを狙ったのではなく、コースレコードの1分49秒7を目標にして頑張った結果が、初のポールポジションに繋がったという感じです。国内ではおそらく初めて。自分のレース人生の中でも14年ぶりぐらいになると思います。悔しいのはせっかくのポールポジションのグリッドに着く姿を地元九州のファンの方にお見せできなかったこと。また、ポールトゥーウインもお預けとなってしまいましたが、今回のレースウィークでつかみ取ったことは必ず後半戦に活かせると確信していますので、ぜひ後半戦も熱い応援よろしくお願いします。」
 

三浦監督のコメント
 「事前テストの段階から尻上がりに調子がよくなり、タイムも安定していたので、期待していました。予想どおり、フリー走行でも1分51秒台前半にあっさり入れて、チームとして取り組んできたことが形になっているのが実感できました。予選ではさらにタイムアップに成功。Q3セッションでは、路面が濡れはじめたために惜しくもレコード更新できませんでしたが、見事にポールポジションを獲得。残念ながら、悪天候で決勝レースが中止となり、応援に来ていただいたファンの方には申しわけありませんでしたが、前半戦を締めくくるいいレースウィークになったと思います。」


 

決勝リザルト


全日本ロードレース

Pos. No. Rider Machine
1 87 柳川 明 Kawasaki/ZX-10R
2 1 中須賀 克行 Yamaha/YZF-R1
3 64 秋吉 耕佑 Honda/CBR1000RR
4 6 亀谷 長純 Honda/CBR1000RR
5 634 高橋 巧 Honda/CBR1000RR
6 33 伊藤 真一 Honda/CBR1000RR
7 45 武田 雄一 Yamaha/YZF-R1
8 48 出口 修 Suzuki/GSX-R1000
9 51 高橋 英倫 Kawasaki/ZX-10R
10 32 新庄 雅浩 Suzuki/GSX-R1000
11 15 須貝 義行 Ducati/1098R
12 16 東村 伊佐三 Kawasaki/ZX-10R
13 91 山口 辰也 Honda/CBR1000RR
14 69 首藤 和徳 Yamaha/YZF-R1
15 66 村上 雅彦 Suzuki/GSX-R1000
16 73 小西 良輝 Honda/CBR600RR
17 67 柚木 力 Honda/CBR1000RR
18 55 生形 秀之 Suzuki/GSX-R600
19 20 吉田 光弘 Honda/CBR1000RR
20 41 宇井 陽一 Yamaha/YZF-R6



Copyright Kawasaki Heavy Industries, Ltd. All rights reserved.