2017 All Japan Motocross Championship

  • ■ 2017年 全日本モトクロス選手権 第8戦 関東大会
  • ■ IA1
  • ■ 開催日:2017年10月8日(日)
  • ■ 会場名:オフロードヴィレッジ

小方誠がシーズン7勝目をゲット(1位/2位)!新井宏彰は3位に登壇(5位/3位)!

#10 小方 誠

 シーズン終盤のクライマックスに突入した全日本モトクロス。2台のKX450F-SRを擁するカワサキチームグリーンは、必勝態勢で第8戦関東大会に臨んだ。会場のオフロードヴィレッジでは、金曜から土曜の午前中まで断続的な降雨があり、マディの公式練習からスタートした。午後からは青空が広がり、決勝日の日曜にはベストコンディションに近い路面となった。
 ヒート1では、小方誠が好スタートを切って飛び出したが、新井宏彰は1コーナーで出遅れて最後尾近くから苦戦を強いられる展開となった。小方は成田亮、山本鯨、星野優位に対し徐々にリードを広げ、9周目に山本が2番手に浮上したときには、10秒以上の独走態勢を構築していた。
 レース後半になっても小方の勢いは衰えず、マージンは16秒まで広がった。終盤15周目にエンジンをストールさせるミスがあり、山本の接近を許したが、小方は余裕をもって逃げきり優勝。今シーズン7勝目を挙げた。後方から追い上げた新井は、ラスト4周の大詰めで5位に浮上。ハンディを跳ね返して、シングルフィニッシュを果たした。
 ヒート2ではホールショットの成田に続き、小方と新井が2~3番手と好スタートを揃えた。2周目には小方がトップに躍り出たが、スタート5番手から上がってきた山本が4周目に先行。ここからは山本と小方が僅差のバトルを続けたが、中盤になると両者の差は5秒まで広がった。終盤には小方がスパートして詰め寄ったが、山本が逃げきり優勝。小方は2位、新井は3位でチェッカーを受けた。
 この結果、小方が1位/2位、山本が2位/1位だったため、シリーズポイントの11点差は変わらず。小方は逆転タイトルへの望みを最終戦に託すことになった。

レポート

●小方誠の第8戦(IA1/1位/2位)

 ヒート1はスタートがそこそこ決まって、1コーナーの進入では先頭集団の中にいたんですが、イン側をくるっと回ってトップに立つことができました。背後には成田選手がいましたが、少しずつ引き離して早めにリードを広げた後は独走でしたね。自分らしい走りができたと思います。10分すぎ頃には5~6秒差、15分頃には10秒以上…だったかな。
 途中から山本選手が2番手に上がったことは知っていましたが、リードを保っていたので不安はありませんでした。ただ路面が荒れているので、ミスをしないでラインをキープできるように心掛けていました。前戦の名阪でピンピンを取られていたこともあり、優勝できてうれしかったです。
 ヒート2もスタートがまずまずで、2周目にトップに立ったんですが、すぐに山本選手に抜かれました。フープスの後のセクションです。隙を見つけて抜き返そうと思ったんですが、じわじわと離されてしまいました。この辺は反省点というか、課題ですね。一時は5秒ぐらい離されたんですが、終盤にペースを上げて接近したところ、山本選手の逃げ足が速くなり逆転できないまま終わりました。ポイント的に変動はありませんが、ヒート2で負けたので悔しい気持ちの方が強いですね。
 金曜から土曜にかけて雨が降ったので、予選は結構マディでした。今日は朝のコース整備で上にあった泥が退けられたので、結構いい路面状況になりました。最終コーナーから1コーナー、フープス手前のコーナーなどは整備が行き届いていて、割とグリップがよかった。ラインは何本かできていたので、選んでその中を走る感じ。あまり大差はない印象でした。それでも徐々に掘れてくると、ワダチの中にコツコツとくるギャップができたりして、慎重に走る必要がありました。
 前回の名阪ではスタートがだめだったので、そこが強化ポイントになりました。ゲートに対する反応と、出てからの加速が足りなかった。マシンセッティングではなく、僕自身の乗り方の問題です。そこでオフロードヴィレッジでの事前テスト以外に、個人練習にもメカニックの園田さんが来てくれて、いろいろと分析しながら特訓してくれたんです。その結果がヒート1の優勝だったので、内容のある勝利だったと思います。
 エンジンは滑りやすい路面でもトラクションするようなセッティング。タイヤは土日ともミディアムソフト。硬い路面までレンジが広いので、あまり悩みませんでした。もともと雨でも晴れでも得意なので、天気は全然気になりませんでした。最終戦の菅生に関しても同様で、雨でも晴れでも自信あります。

  • #10 小方 誠
  • #10 小方 誠

●新井宏彰の第8戦(IA1/5位/3位)

 ヒート1は1コーナーでエンストしたライダーの真後ろにいたので、一瞬止まってビリから2~3番目ぐらいになってしまいました。このコースは出遅れると難しいのですが、なんとか気持ちを切り替えて挽回しました。ベストラインを走っていたら抜けないので、いろいろラインを変えながら追い上げました。パッシングを試みるときは、外して仕掛けても立ち上がりだけはベストラインを使いました。
 小島選手が転倒していたり他者のミスもあって、10分ぐらいで6番手まで上がったんですが、その辺からはポジションアップも難しくなりました。終盤に成田選手を抜いて5位止まり。ちょっと不本意なヒート1でした。
 ヒート2では、エンジンセッティングを少し変えました。ここは路面が滑りやすいので、トラクション重視にしていたんですが、ヒート1を走ってみたら意外とグリップが良かったので、元の高回転が伸びる仕様に戻したんです。そうしたらスタートも上手く決まりました。序盤から3番手につけて、小方と山本選手の後ろを追いかけたんですが、2人が速くて徐々に離されてしまいました。今回は自分のスピードが劣っていましたね。
 排気系は春の関東大会と同じで、低速を重視したものです。小方車にはレゾネーターがありますが、僕はそこまで下を求めていないので付いていません。サスは特別なものではありませんが、このコースはコーナーがタイトなので、車体を低めにして曲がりやすいセッティングにはしてありました。タイヤチョイスは、土曜から日曜の朝まではソフト、決勝はミディアムで走りました。
 スタートのグリッドは、出た先があまり湿っていないところを選びました。イン寄りは20~30メートルぐらいまでぬかるんでいたので、アウト寄りの乾いたところに決めたんです。同じ考えのライダーは多かったですね。走行ラインの底は下の硬い土が出てきていましたが、水分があってグリップがいいけど滑るので油断できない感じでした。

  • #331 新井 宏彰
  • #331 新井 宏彰

リザルト

IA1 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 10 小方 誠 Kawasaki KX450F-SR
2 400 山本 鯨 Honda CRF450RW
3 99 平田 優 Yamaha YZ450FM
4 166 星野 優位 KTM 450SX-F
5 331 新井 宏彰 Kawasaki KX450F-SR
6 1 成田 亮 Honda CRF450RW
7 7 深谷 広一 Suzuki RM-Z450WS
8 44 小島 庸平 Suzuki RM-Z450WS
9 8 星野 裕 Kawasaki KX450F
10 45 大塚 豪太 Honda CRF450R
11 793 池谷 優太 Suzuki RM-Z450
12 15 鈴木 正明 Suzuki RM-Z450
13 04 大石 一斗 Kawasaki KX450F
14 113 田中 雅己 Honda CRF450R
15 19 長門 健一 Honda CRF450R
16 09 小野 千成 Honda CRF450R
17 22 諸見里 祐哉 Suzuki RM-Z450
18 21 中村 泰介 Yamaha YZ450FX

IA1 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 400 山本 鯨 Honda CRF450RW
2 10 小方 誠 Kawasaki KX450F-SR
3 331 新井 宏彰 Kawasaki KX450F-SR
4 166 星野 優位 KTM 450SX-F
5 7 深谷 広一 Suzuki RM-Z450WS
6 113 田中 雅己 Honda CRF450R
7 44 小島 庸平 Suzuki RM-Z450WS
8 8 星野 裕 Kawasaki KX450F
9 99 平田 優 Yamaha YZ450FM
10 1 成田 亮 Honda CRF450RW
11 45 大塚 豪太 Honda CRF450R
12 19 長門 健一 Honda CRF450R
13 04 大石 一斗 Kawasaki KX450F
14 793 池谷 優太 Suzuki RM-Z450
15 22 諸見里 祐哉 Suzuki RM-Z450
16 21 中村 泰介 Yamaha YZ450FX
17 09 小野 千成 Honda CRF450R
18 20 白石 翔也 Yamaha YZ450F

IA2 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 912 小川 孝平 Honda CRF250R
2 30 岡野 聖 Yamaha YZ250F
3 31 渡辺 祐介 Yamaha YZ250FM
4 922 古賀 太基 Honda CRF250R
5 40 道脇 右京 Honda CRF250R
6 42 北原 岳哲 Kawasaki KX250F
7 38 池本 凌汰 Suzuki RM-Z250
8 35 横澤 拓夢 Honda CRF250R
9 43 内田 篤基 Suzuki RM-Z250
10 07 町田 旺郷 Yamaha YZ250F
11 01 大倉 由揮 Yamaha YZ250F
12 57 大木 汰一 Kawasaki KX250F
13 48 鳥谷部 晃太 Yamaha YZ250F
14 51 笠原 氷河 Yamaha YZ250F
15 55 近藤 祐介 Honda CRF250R
16 777 ハドリー・ナイト KTM 250SX-F
17 62 浅井 亮太 Yamaha YZ250F
18 56 菅谷 峻介 Kawasaki KX250F
19 46 斉藤 嵩 Suzuki RM-Z250
20 52 平山 力 Kawasaki KX250F

IA2 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 31 渡辺 祐介 Yamaha YZ250FM
2 922 古賀 太基 Honda CRF250R
3 912 小川 孝平 Honda CRF250R
4 30 岡野 聖 Yamaha YZ250F
5 35 横澤 拓夢 Honda CRF250R
6 40 道脇 右京 Honda CRF250R
7 01 大倉 由揮 Yamaha YZ250F
8 56 菅谷 峻介 Kawasaki KX250F
9 51 笠原 氷河 Yamaha YZ250F
10 62 浅井 亮太 Yamaha YZ250F
11 42 北原 岳哲 Kawasaki KX250F
12 06 西垣 魁星 Yamaha YZ250F
13 46 斉藤 嵩 Suzuki RM-Z250
14 777 ハドリー・ナイト KTM 250SX-F
15 48 鳥谷部 晃太 Yamaha YZ250F
16 52 平山 力 Kawasaki KX250F
17 57 大木 汰一 Kawasaki KX250F
18 53 佐藤 亮 Suzuki RM-Z250
19 377 渡辺 涼太 Kawasaki KX250F
20 39 森 優介 Honda CRF250R

2017年 全日本モトクロス選手権 ポイントランキング

Page Top