2012 All Japan Motocross Championship

  • ■ 2012年 全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会
  • ■ IA1 / IA2
  • ■ 開催日:2012年7月1日(日)
  • ■ 会場名:藤沢スポーツランド

IA2三原拓也は苦戦を強いられるも第2ヒートで3位表彰台を獲得。
IA1新井宏彰は不運に見舞われ総合5位に甘んじる。

#1 三原 拓也

 全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦 東北大会は、岩手県一関市藤沢町の藤沢スポーツランドで開催された。会場の藤沢スポーツランドは藤沢町モータースポーツ協会が管理する公営コースで、全体に見晴らしが効くロケーションの良さと、元々の粘土質の硬質部分とあとから搬入した山砂のサンド部分に分かれる路面が特徴。例年7月後半の梅雨明けの季節に行われてきた大会だが、熱中症や脱水症状などのリスクを回避するため、今年は日程を早めての開催となった。大会期間中は時折小雨が降る曇りがちの空模様となったが、入念なコース整備の甲斐もあって、コースはほぼベストの状態が保たれ、主催者発表で2600人の観客がハイスピードのバトルを楽しんだ。今シーズンのカワサキレーシングチームは、昨年に引き続きIA1クラスに新井宏彰、IA2は三原拓也の布陣。新井はワークスマシンKX450F-SRで初のタイトルを、三原は同じくワークスマシンKX250F-SRで昨シーズン獲得したタイトル防衛を目指す。

レポート

IA1予選
 エントリー台数32台、出走30台となったIA1クラスは土曜日にグリッド決めの予選が行われ、B組に出場した新井は3位でフィニッシュし6番グリッドから決勝レースに臨むこととなった。

IA1決勝第1ヒート
 決勝スタート前に雨が上がり、比較的涼しいコンディションで開始されたヒート1。ホールショットを奪った成田 亮(ホンダ)に続き、新井は2番手で1コーナーをクリアすると、このポジションをキープしてオープニングラップを通過する。前半新井は、先行する成田と遜色のないタイムでトップをマークし、逆転のチャンスを伺う。しかし中盤、バックマーカーが出始めると慎重に周遅れのライダーをパスしていた新井の目の前で、1台のライダーが転倒。これを避けようとした新井だったが、転倒したマシンがコースサイドの壁で跳ね返って新井の行く手を塞ぎ、新井はこれに接触し転倒を喫してしまう。なんとか再スタートを果した新井は中段から懸命に挽回を試みるが、転倒した際のダメージもあり追い上げも8位止まり。今シーズンここまで安定したリザルトを残してきた新井だが、不運なアクシデントで優勝のチャンスを逃す結果となった。

IA1決勝第2ヒート
 スタートでやや出遅れた新井は、オープニングラップを7番手でクリア。すぐに追撃を開始した新井だが、ヒート1で転倒した際のダメージもあり、いま一つペースの上がらない苦しい展開を強いられる。それでも最後まで攻め続けた新井は、激しいバトルの中確実にポジションをアップすると後半更にペースを上げて4番手まで順位を浮上させる。しかしこの時点で上位3台との差は広がっており、最後まで確実に走りきった新井は4位でフィニッシュした。

IA2予選
 土曜日のIA2予選A組に出場した三原は、確実にスタートを決めると先行する岡野 聖(スズキ)をパスしトップでフィニッシュ。2番グリッドを獲得し決勝へと駒を進めた。

IA2決勝第1ヒート
 ホールショットこそ逃したものの、まずまずのスタートを決めた三原は、上位で1コーナーをクリア。しかし直後の2コーナーでバランスを崩した三原は、混戦の中で足を接地させてしまい、前回北海道大会で負傷した膝を再び痛めてしまう。このアクシデントで思うようにペースを上げられなくなった三原は、中段グループの混戦の中で苦戦を強いられるが、最後まで堪えて8位でフィニッシュした。

IA2決勝第2ヒート
 このヒートも厳しい戦いとなった三原は、まずまずの位置でスタートを決めるも1周目は思うようにペースを上げることが出来ず、6番手でコントロールラインを通過する。序盤、慎重に様子を見ながら3番手まで順位を上げた三原は、後半も確実にそのポジションをキープして周回を重ね、終盤は追い上げてきたグリーンクラブ成田MXパークWithピュアテックレーシングの竹中純矢のアタックを退け3位でチェッカー。苦戦を強いられた三原だが、今季9回目の表彰台登壇を果した。

  • #331 新井 宏彰
  • #331 新井 宏彰
  • #1 三原 拓也

新井宏彰(8位/4位)のコメント

 「周遅れのライダーが目の前で転倒して、ライダーは避けたんですがマシンが目の前に飛んできて乗り上げてしまいました。ヒート2は気持ちを切り替えて集中したんですが、スタートが決まらず、その後も上手く乗り切ることが出来なくて納得のいかないレースをしてしまいました。夏のインターバルを挟んでの残り3戦は絶対に勝たなければならない。攻めの走りで勢いを付け連勝を目指します。」

三原拓也(8位/3位)のコメント

 「正直、前回北海道大会で転倒した際のダメージが残っていて、苦戦は覚悟していました。練習走行、予選はまぁまぁいい感じで走れたんですが、レースとなるとやっぱり思うようにはいかないですね。ヒート1のスタート直後に混戦の中で痛めた足を着いてしまい、そこからペースを上げることが出来ませんでした。ヒート2は集中してスタートして、そのまま行けるところまで行く作戦でしたが、今回はライバルが速かったです。これもレース。幸いこのあとは2カ月のインターバルがあるので、まずしっかりと体調を整えて、残り3戦全力を尽くします。」

田澤監督のコメント

 「三原は万全の体調ではない中、ヒート1は庇いながらも追い上げて前に出ることが出来たし、ヒート2は集中して悪い状態なりにしっかりとまとめることが出来たと思います。新井は中盤トップと3秒差まで詰めて、行けると思ったんですが、不運なアクシデントで残念な結果となってしまいました。ヒート2も影響を引きずってリズムが合わず追い上げが効かなかった。インターバルできっちりと立て直し、残り3戦トップ争いが出来るように取り組んでいきます。」

  • #331 新井 宏彰
  • #1 三原 拓也

リザルト

IA1 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 1 成田 亮 Honda CRF450
2 2 熱田孝高 Suzuki RM-Z450WS
3 6 平田 優 Honda CRF450
4 44 小島庸平 Suzuki RM-Z450WS
5 40 小方 誠 Honda CRF450
6 52 島﨑大祐 Suzuki RM-Z450
7 43 稲垣佳樹 Suzuki RM-Z450
8 331 新井宏彰 Kawasaki KX450F-SR
9 14 深谷広一 Honda CRF450R
10 123 星野 裕 Kawasaki KX450F
11 49 井上眞一 Kawasaki KX450F
12 15 増田 篤 Suzuki RM-Z450
13 83 髙須庸市 Suzuki RM-Z450
14 54 尾崎友哉 Yamaha YZ450F
15 17 鈴木正明 Yamaha YZ450F
16 615 須田 純 Kawasaki KX450F
17 10 沼田誠司 Kawasaki KX450F
18 22 中島敬則 Yamaha YZ450F
19 16 片平竜英 Yamaha YZ450F
20 94 谷本功志 Honda CRF450R

IA1 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 1 成田 亮 Honda CRF450
2 2 熱田孝高 Suzuki RM-Z450WS
3 6 平田 優 Honda CRF450
4 331 新井宏彰 Kawasaki KX450F-SR
5 44 小島庸平 Suzuki RM-Z450WS
6 40 小方 誠 Honda CRF450
7 52 島﨑大祐 Suzuki RM-Z450
8 123 星野 裕 Kawasaki KX450F
9 14 深谷広一 Honda CRF450R
10 43 稲垣佳樹 Suzuki RM-Z450
11 49 井上眞一 Kawasaki KX450F
12 83 髙須庸市 Suzuki RM-Z450
13 54 尾崎友哉 Yamaha YZ450F
14 15 増田 篤 Suzuki RM-Z450
15 10 沼田誠司 Kawasaki KX450F
16 615 須田 純 Kawasaki KX450F
17 16 片平竜英 Yamaha YZ450F
18 22 中島敬則 Yamaha YZ450F
19 17 鈴木正明 Yamaha YZ450F
20 30 馬淵崇之 Suzuki RM-Z450

IA2 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 113 田中雅己 Honda CRF250R
2 166 星野優位 Honda CRF250
3 50 富田俊樹 Honda CRF250
4 55 山本 鯨 Suzuki RM-Z250WS
5 58 小川孝平 Honda CRF250R
6 61 岡野 聖 Suzuki RM-Z250
7 70 佐藤 亮 Honda CRF250
8 1 三原拓也 Kawasaki KX250F-SR
9 911 斉藤 嵩 Suzuki RM-Z250
10 48 池谷優太 Suzuki RM-Z250
11 64 近藤祐介 Honda CRF250
12 57 竹中純矢 Kawasaki KX250F
13 59 安原 志 Yamaha YZ250F
14 68 馬場大貴 Honda CRF250
15 151 黒澤良太 Honda CRF250
16 60 上田康平 Suzuki RMZ250
17 63 今野陽平 Kawasaki KX250F
18 05 吉村仁兵 Kawasaki KX250F
19 74 鎌倉大樹 Yamaha YZ250F
20 62 原田 翼 Yamaha YZ250F

IA2 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 113 田中雅己 Honda CRF250R
2 55 山本 鯨 Suzuki RM-Z250WS
3 1 三原拓也 Kawasaki KX250F-SR
4 57 竹中純矢 Kawasaki KX250F
5 911 斉藤 嵩 Suzuki RM-Z250
6 50 富田俊樹 Honda CRF250
7 58 小川孝平 Honda CRF250R
8 61 岡野 聖 Suzuki RM-Z250
9 59 安原 志 Yamaha YZ250F
10 48 池谷優太 Suzuki RM-Z250
11 166 星野優位 Honda CRF250
12 64 近藤祐介 Honda CRF250
13 68 馬場大貴 Honda CRF250
14 63 今野陽平 Kawasaki KX250F
15 71 白石翔也 Yamaha YZ250F
16 03 道脇右京 Honda CRF250R
17 05 吉村仁兵 Kawasaki KX250F
18 60 上田康平 Suzuki RMZ250
19 75 稲垣達樹 Suzuki RM-Z250
20 74 鎌倉大樹 Yamaha YZ250F

2012年 全日本モトクロス選手権 ポイントランキング

Page Top