2012 All Japan Motocross Championship

  • ■ 2012年 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会
  • ■ IA1 / IA2
  • ■ 開催日:2012年5月13日(日)
  • ■ 会場名:世羅グリーンパーク弘楽園

IA1新井宏彰は惜しくも優勝を逃すも両ヒート2位、IA2三原拓也は今季初のパーフェクトV達成!!

#1 三原 拓也

 全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦 中国大会は、広島県世羅郡世羅町のグリーンパーク弘楽園で開催された。会場のグリーンパーク弘楽園は起伏に富んだ全日本会場きってのハイスピードかつダイナミックコース。大会期間中は土日とも好天に恵まれ、強い日差しが照りつけた土曜日は大量のホコリが舞ったものの、懸命のメインテナンスの結果、決勝日はほぼベストコンディションでレースが行われた。五月晴れの晴天の下、主催者発表で7150人の観客が訪れ迫力のあるレースを楽しんだ。今シーズンのカワサキレーシングチームは、昨年に引き続きIA1クラスに新井宏彰、IA2は三原拓也の布陣。新井はワークスマシンKX450F-SRで初のタイトルを、三原は同じくワークスマシンKX250F-SRで昨シーズン獲得したタイトル防衛を目指す。

レポート

IA1予選
 エントリー台数37台、出走36台となったIA1クラスは土曜日にA、B二組の予選が行われ、B組に出場した新井は3台によるトップ争いを制して2位でフィニッシュ。2番グリッドを獲得し決勝レースに臨むこととなった。

IA1決勝第1ヒート
 カワサキ勢にとってはテストで走り込んできたホームとも言えるコース。公式練習走行から好タイムをマークし今季初優勝を目標に臨んだ新井だが、珍しくスタートで出遅れ思わぬ苦戦を強いられてしまう。スタート1周目のみショートカットしてコースの後半部分のみを周回するオープニングラップを新井は6番手でクリア。すぐに追撃を開始した新井はフルコースとなった2周目に一気に2台をパスし4番手に順位を上げるが、3番手浮上を狙った3周目に転倒し11番手まで順位を落としてしまう。鋭い追い上げで再び4番手に順位を挽回した8周目に再び転倒した新井は、9番手で再スタートすると今度は冷静に順位を挽回し、レース後半の15周目に三度4番手に浮上。表彰台を視野に捉えた新井はラストスパートをかけると18周目に3番手を走行していた増田一将(ホンダ)をパスすると、最終ラップに新井は更なる猛チャージで2番手を走行していた平田 優(ホンダ)を捉え、最終コーナーで並びかけてのフィニッシュジャンプでタイヤひとつ分前に出て逆転。トップとはコンマ7秒差の2位でチェッカーを受けた。

IA1決勝第2ヒート
  ホールショットこそ逃したものの、今度は確実にスタートを決め2番手でオープニングラップをクリアした新井。先行する成田 亮(ホンダ)の連勝を阻むべくプレッシャーを与え続けた新井だったが、執拗なブロックにあい苦戦。延々と続いたテールtoノーズのバトルはレース後半まで続くが、その間に後続の接近を許してしまい、新井は13周目に増田の先行を許し順位をひとつ落としてしまう。しかし終盤、再び猛然とスパートした新井はラスト2周にこのヒートのベストタイムをマークし、まず増田をパスして2番手に浮上。一気にトップ成田の背後に迫った新井は逆転のチャンスを伺うが、成田も必死に防戦し、新井はトップとは0.5秒差でフィニッシュ。今季初優勝こそ逃したものの両ヒート2位、総合2位のリザルトをマーク。気迫の籠もった走りでレースを盛り上げた新井は、結果以上の存在感をファンにアピールした。

IA2予選
 土曜日のIA2予選A組に出場した三原は、確実にスタートを決めると序盤のトップ争いを制してトップに立ちそのままフィニッシュ。2番グリッドを獲得し決勝へと駒を進めた。

IA2決勝第1ヒート
 オープニングラップ6番手とやや出遅れた三原。しかしトップグループを視野に捉え、冷静に様子を伺った三原は2周目に斉藤 嵩(スズキ)をパスし4番手に順位を上げると、3周目には小川孝平(ホンダ)を捉え3番手に浮上。ライバルを完全に上回るペースで6周目に山本 鯨(スズキ)をパスした三原は、8周目に星野優位(ホンダ)をパスしトップに浮上すると、食い下がる星野を突き放し、後半徐々に後続との差を広げ最後は独走でトップフィニッシュ。今季2勝目をマークした。

IA2決勝第2ヒート
 このヒートもいまひとつスタートが決まらず追い上げのレースとなった三原。オープニングラップは7番手で上位の熾烈な混戦に飲み込まれるが、確実に先行するライダーをパスした三原は4周目に3番手に浮上。5周目、まず2番手を走行していた山本をパスした三原は、トップを走行していた星野を捉え、8周目に確実にこれをパス。ヒート1同様前半でトップに立った三原は後半、周回遅れのライダーが出始めてもペースを下げることなく周回を重ね、12周目にはこのヒートのベストタイムをマークし後続を完全に突き放す。最後までハイペースを維持した三原は、確実に後続を振り切ってトップでチェッカー。今季初のパーフェクト優勝を達成した三原は、32位と同ポイントながら暫定ランキングでも定位置の首位を取り戻した。

  • #331 新井 宏彰
  • #331 新井 宏彰
  • #1 三原 拓也

新井宏彰(2位/2位)のコメント

 「絶対に勝てると信じていたし、勝てたハズのレース。ダメですね。ただ、確かに成田選手は強かったですが、勝てるという手応えは完全に掴めたし、絶対に連勝を止めて見せます。次のSUGOは成田選手のホームコースになりますが、自分も得意だし、相手のホームで勝負します。」

三原拓也(1位/1位)のコメント

 「スタートがいまいち決まらなかったので、トップの位置を確認して確実に行きました。得意なこのコースでパーフェクト優勝することが出来て、とりあえず良かったです。開幕1~2戦は成績もいま一つだったんですが、去年はここの開幕戦から連勝をスタートさせたし、勢いに乗ってSUGOでも連勝を狙います。」

田澤監督のコメント

 「三原も新井も今回はスタートがいま一つ決まらなくて、ただ、三原に関してはポイントも決めていたし、安心して見ていられました。調子はいいので連勝に繋げたいですね。新井はタイムで完全に上回っていて、勝てたハズのレースでした。ワンチャンス、ツーチャンスあったと思うんですが、あと一押しが出来なかった。一度でも前に出ていたら、全く展開は変わっていたと思います。悔しいレースになってしまいましたがこれもレース。先ずは片目を開けたい。マシンをしっかりと仕上げて、次のSUGOに臨みます。」

  • #331 新井 宏彰
  • #1 三原 拓也

リザルト

IA1 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 1 成田 亮 Honda CRF450
2 331 新井宏彰 Kawasaki KX450F-SR
3 6 平田 優 Honda CRF450
4 7 増田一将 Honda CRF450
5 44 小島庸平 Suzuki RM-Z450WS
6 9 北居良樹 KTM 450SX-F
7 2 熱田孝高 Suzuki RM-Z450WS
8 52 島﨑大祐 Suzuki RM-Z450
9 43 稲垣佳樹 Suzuki RM-Z450
10 14 深谷広一 Honda CRF450R
11 5 田中教世 Yamaha YZ450F
12 40 小方 誠 Honda CRF450
13 935 小島太久摩 Yamaha YZ450F
14 411 中村友則 Kawasaki KX450F
15 83 髙須庸市 Suzuki RM-Z450
16 15 増田 篤 Suzuki RM-Z450
17 615 須田 純 Kawasaki KX450F
18 13 芹沢翔悟 Honda CRF450
19 54 尾崎友哉 Yamaha YZ450F
20 49 井上眞一 Kawasaki KX450F

IA1 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 1 成田 亮 Honda CRF450
2 331 新井宏彰 Kawasaki KX450F-SR
3 7 増田一将 Honda CRF450
4 14 深谷広一 Honda CRF450R
5 6 平田 優 Honda CRF450
6 52 島﨑大祐 Suzuki RM-Z450
7 44 小島庸平 Suzuki RM-Z450WS
8 123 星野 裕 Kawasaki KX450F
9 40 小方 誠 Honda CRF450
10 411 中村友則 Kawasaki KX450F
11 9 北居良樹 KTM 450SX-F
12 935 小島太久摩 Yamaha YZ450F
13 24 納屋 望 Honda CRF450R
14 15 増田 篤 Suzuki RM-Z450
15 83 髙須庸市 Suzuki RM-Z450
16 54 尾崎友哉 Yamaha YZ450F
17 615 須田 純 Kawasaki KX450F
18 17 鈴木正明 Yamaha YZ450F
19 10 沼田誠司 Kawasaki KX450F
20 94 谷本功志 Honda CRF450R

IA2 Race1

Pos. No. Rider Machine
1 1 三原拓也 Kawasaki KX250F-SR
2 166 星野優位 Honda CRF250
3 55 山本 鯨 Suzuki RM-Z250WS
4 113 田中雅己 Honda CRF250R
5 58 小川孝平 Honda CRF250R
6 57 竹中純矢 Kawasaki KX250F
7 50 富田俊樹 Honda CRF250
8 60 上田康平 Suzuki RMZ250
9 75 稲垣達樹 Suzuki RM-Z250
10 64 近藤祐介 Honda CRF250
11 70 佐藤 亮 Honda CRF250
12 151 黒澤良太 Honda CRF250
13 62 原田 翼 Yamaha YZ250F
14 63 今野陽平 Kawasaki KX250F
15 74 鎌倉大樹 Yamaha YZ250F
16 05 吉村仁兵 Kawasaki KX250F
17 09 江原大地 Honda CRF250R
18 76 迫田勇馬 Kawasaki KX250F
19 80 飯野俊寿 Honda CRF250R
20 87 石浦 諒 Kawasaki KX250F

IA2 Race2

Pos. No. Rider Machine
1 1 三原拓也 Kawasaki KX250F-SR
2 55 山本 鯨 Suzuki RM-Z250WS
3 166 星野優位 Honda CRF250
4 113 田中雅己 Honda CRF250R
5 57 竹中純矢 Kawasaki KX250F
6 60 上田康平 Suzuki RMZ250
7 58 小川孝平 Honda CRF250R
8 911 斉藤 嵩 Suzuki RM-Z250
9 61 岡野 聖 Suzuki RM-Z250
10 151 黒澤良太 Honda CRF250
11 75 稲垣達樹 Suzuki RM-Z250
12 70 佐藤 亮 Honda CRF250
13 62 原田 翼 Yamaha YZ250F
14 74 鎌倉大樹 Yamaha YZ250F
15 05 吉村仁兵 Kawasaki KX250F
16 71 白石翔也 Yamaha YZ250F
17 76 迫田勇馬 Kawasaki KX250F
18 04 土橋 優 Yamaha YZ250F
19 68 馬場大貴 Honda CRF250
20 92 松下 光 Honda CRF250R

2012年 全日本モトクロス選手権 ポイントランキング

Page Top