RACING HISTORY

カワサキのレース活動のはじまりは1961年のモトクロスレース。
その後半世紀以上にわたり、あらゆる可能性に挑戦し、サーキットでもオフロードでも勝利を積み重ねてきた。
不屈の挑戦者の歴史をいま、紐解こう。

Road Racing

  • 2015-2018

    2015年にカワサキ・レーシング・チームに加入したジョナサン・レイは、Ninja ZX-10Rのパフォーマンスをフルに引き出し、チーム加入初年度でチャンピオンを獲得した。2017年からは戦闘能力を高めたNinja ZX-10RRにスイッチし、カワサキとレイは他を寄せ付けない強さを発揮。2015年から4年連続ライダー&マニュファクチャラーズタイトル獲得という選手権記録を更新中である。その他にも、最多勝利数、最多年間ポイント、最多連続表彰台と、数々の選手権記録を更新している。

  • 2018

    2017年に設立されたスーパースポーツ300世界選手権。カワサキは2018年よりNinja 400を投入し、アナ・カラスコが2勝をあげてタイトルを獲得。また、カラスコはFIM選手権史上初の女性レース勝者、女性年間チャンピオンとなった。

  • 2015-2016

    2012年にNinja ZX-6Rでスーパースポーツ世界選手権を制したケナン・ソフォーグルは、2015年に5勝をあげ、3年ぶりにチャンピオンへ返り咲く。翌2016年にも6勝をあげて選手権を連覇し、Ninja ZX-6Rのパフォーマンスの高さを証明した。

  • 2013

    前年にわずか0.5ポイント差でチャンピオンを逃したトム・サイクスとNinja ZX-10R。その雪辱を期して挑んだ2013年シーズン、サイクスとNinja ZX-10Rは9勝を含む18回の表彰台に立ち、チャンピオンを奪取。カワサキに20年ぶりのスーパーバイク世界選手権タイトルをもたらした。

  • 2002-2008

    2002年、カワサキは20年ぶりにロードレース世界選手権へ復帰。MotoGPクラスに参戦したNinja ZX-RRは、年を追うごとにその性能を高め、2004年日本GPでは中野真矢のライディングにより3位入賞。その後もマシン開発は進み、2005年中国GP、2006年オランダGP、2007年日本GPでは2位表彰台を獲得。Ninja ZX-RRは戦いの中で着実に進化を遂げた。

  • 2001

    1995年にデビューしたNinja ZX-6Rは、AMAスーパースポーツ選手権などで活躍し、1999年からFIM公認となったスーパースポーツ世界選手権へファクトリー参戦を開始。そして、2001年にはアンドリューピットが、上位を堅実にキープする走りでカワサキ、そして自身の選手権初制覇を達成した。

  • 2000

    1996年にデビューしたNinja ZX-7RRは1996年、1997年とAMAスーパーバイク選手権を連覇。そして全日本ロードレース選手権では、カワサキ・レーシング・チームの井筒仁康が2000年に5勝をあげ、チャンピオンを獲得。同年のスーパーバイク世界選手権日本大会でも優勝するなど、Ninja ZX-7RRの高いパフォーマンスを証明した。

  • 1993

    1992年に名チューナー、ロブ・マジーが手掛けたZXR750RでAMAスーパーバイク選手権チャンピオンを獲得したスコット・ラッセルは、翌1993年からマジーと共にスーパーバイク世界選手権にフル参戦を開始。戦闘力をさらに高めたZXR750Rに跨ったラッセルは参戦初年度でチャンピオンを獲得し、カワサキにスーパーバイク世界選手権初タイトルをもたらした。

  • 1992-1993

    1992年の全日本ロードレース選手権TT-F1クラスは、カワサキ・ファクトリー・チームの塚本昭一が、チームメイトの北川圭一とのタイトル争いを制しチャンピオンを獲得。翌1993年は、北川圭一がチャンピオンを獲得し、ZXR-7が2年連続チャンピオンマシンに輝いた。

  • 1991-1993

    1983年をもってファクトリー活動を中止していたカワサキだが、1988年に活動を再開。新型TT-F1レーサーのZXR-7は、1991年から1993年の3年間、他を寄せ付けない圧倒的な強さで世界耐久選手権を3連覇。また、1993年の鈴鹿8時間耐久はスコット・ラッセル/アーロン・スライト組が制し、カワサキに8耐初優勝をもたらした。

  • 1981-1983

    1981年から1983年の世界耐久選手権は、カワサキの耐久レーサー、KR1000の独壇場であった。
    フランスの耐久チーム「パフォーマンス」とタッグを組み、3年連続でメーカータイトルを獲得。1981年と1982年はライダーランキングも上位を独占し、1983年には伝統あるル・マン24時間で1-2-3フィニッシュを決めるという活躍をみせた。

  • 1981-1983

    名チューナー、ロブ・マジーの徹底的なチューニングと、エディ・ローソンの堅実な走りで、KZ1000J / KZ1000S1は1981年、1982年とAMAスーパーバイク世界選手権を連覇。翌1983年は、レギュレーション変更を受けて新たにGPz750を投入。ウェイン・レイニーが選手権を制し、カワサキは3連覇を達成した。

  • 1978-1982

    ロードレースの最高峰、ロードレース世界選手権(WGP)を戦うため、1974年に誕生したKR250 / KR350。マシンは年を追うごとに進化し、アントン・マンクやコーク・バリントンらのライディングにより、1978年から1982年までの5年間は、GP250/GP350のレースをほぼ手中に収める。両クラスあわせて8回のライダータイトル獲得、そしてGP250では4年連続マニュファクチャラーズタイトル獲得と、圧倒的な強さを誇った。

  • 1973

    2ストローク3気筒748cm3の市販レーサーとして1971年に発売されたH2Rは、世界各国のレースで活躍し、畏敬の念をもって「グリーン・モンスター」と称された。そして1973年のアメリカのAMAロードレース選手権では、H2Rを駆るゲイリー・ニクソンが3勝を挙げ、年間チャンピオンを獲得した。

  • 1969

    ライムグリーンの塗料は1968年から開発が行われ、翌1969年のアメリカ・デイトナ200マイルでは、ファクトリーマシンのA7RSとA1RAS全車がライムグリーンを身に纏い参戦。それまでのカワサキレーサーは「赤」に塗られることが多く、またライムグリーンは欧米で「不吉な色」の象徴であり、これらのマシンは驚きをもって迎えられた。しかし、その後のライムグリーンレーサーの活躍により、カワサキのレースイメージカラーとして定着していくことになる。

Road Racing

  • 2017-2018

    2017年にAMAモトクロス選手権の450MXクラスを制したKX450Fとイーライ・トマック。翌2018年はマシンの熟成も進み、圧倒的な速さと安定性を披露。12戦24レース中で15勝を含む21回の表彰台に登壇し、選手権を連覇した。

  • 2011-2014

    スーパークロス・ライツやモトクロス・ライツでKX250Fを駆り、チャンピオンを獲得していたライアン・ビロポートは、2009年から450クラスにステップアップ。KX450Fとビロポートは2011年からスーパークロスを4連覇し、また2011年と2013年にはAMAモトクロス選手権も制するなど、その強さを改めて印象付けた。

  • 2007

    スーパークロスでKX450F/ジェームス・スチュワート、スーパークロス・ライツ・ウエストでKX250F/ライアン・ビロポート、スーパークロス・ライツ・イーストでKX250F/ベン・タウンリーがそれぞれチャンピオンを獲得し、カワサキのKXシリーズが選手権を完全制覇するという快挙を成し遂げた。

  • 1995

    KX250とステファン・エバーツは、モトクロス世界選手権250クラスで5勝をあげ選手権を制覇。カワサキにモトクロス世界選手権初タイトルをもたらし、エバーツ自身も250クラス初チャンピオンを獲得した。また、翌1996年の125クラスはKX125とセバスチャン・トーテリが制し、1998年の250クラスもKX250にスイッチしたトーテリがタイトルを獲得した。

  • 1992

    国際A級250クラスはKX250/エディ・ウォーレン、国際A級125クラスはKX125/請川意次、国際B級250クラスは佐々木祐介、国際B級125クラスは田澤豊晃がそれぞれチャンピオンを獲得し、全日本モトクロス選手権を完全制覇。また、1995年から1997年はKX250を駆るジェフ・マタセビッチが国際A級250クラスで3年連続チャンピオンに輝く。さらに1997年は、国際A級250クラスで榎本正則が総合2位となり、カワサキは年間ランキング1-2を独占した。

  • 1990

    2ストローク500ccモトクロッサーというモンスターマシンで競われていたAMAモトクロス選手権500クラスを、KX500とジェフ・ワードが1989年、1990年と連覇。ジェフワードはKX125でAMAモトクロス選手権125クラス、KX250でAMAモトクロス選手権250クラスとAMAスーパークロス選手権のタイトルも獲得しており、500クラスを含む唯一のAMA四冠王となった。

  • 1973

    1972年、カワサキ内部に本格的なモトクロッサー開発部門が誕生。新世代モトクロッサー、KX250 / 125のプロトタイプをレースに投入し開発を進め、1973年に市販モデルを発売した。以降、KXシリーズは今日まで休むことなく開発され、進化を続けている。

  • 1961-1963

    1961年、全日本モトクロス大会にカワサキのB7をベースとしたレースマシンが登場。翌1962年にカワサキはレースへの本格参戦を決め、1963年の第1回MFJ兵庫県モトクロス大会では、カワサキのB8が1位から6位までを独占するという快挙を成し遂げた。