2016 Asia Road Racing Championship

  • ■ 2016年 アジアロードレース選手権 第1戦 マレーシア大会
  • ■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250cc
  • ■ 開催日:2016年4月2日(土)
  • ■ サーキット名:ジョホール・サーキット(3.860 km)

Azlan、カワサキ初レースでダブルウィン!

#25 Azlan Shah Kamaruzaman

 2016年アジアロードレース選手権の開幕戦は、4月1、2日、マレーシア・ジョホールサーキットで開催された。かつては世界スーパーバイク選手権も開催されたことがある歴史あるサーキットだが、近年は施設の老朽化が進み、国際格式のレースは開催されていなかった。しかしながら、セパンサーキットでの開幕戦がコース改修により不可能になったこと、近々ジョホールサーキットが大規模改修されることになったことによるプロモーションを兼ねて、カワサキが参戦してからは初の開催となった。

レポート

 全長3.86km、12のコーナーと2本のストレートで構成されるこのコースはアジア選手権が開催されるサーキットの中でも高低差がある部類になり、他のサーキットとマシンバランス、サスペンションセッティングが異なる方向になる。路面状況も改修を控えて芳しくなく、タイヤに厳しいコースでもある。また今年からタイヤがスリックタイヤに変更されたため、各チーム、ライダーともゼロからのマシンセッティングが求められた。
 今年のカワサキ勢のライダー構成は、SS600に昨年鈴鹿8耐にチームグリーンの一員として参加し話題となったA. Yudhistira(インドネシア)、AP250クラスからステップアップした期待の新星16歳のA. M. Fadly(インドネシア)、そして昨年までMoto2クラスを戦っていたA. Kamaruzaman(マレーシア)の3名、AP250クラスには2年連続UB130クラスチャンピオンのG. Kresna(インドネシア)と昨年から継続のM. Muhammad(マレーシア)の2名が参戦する。
 日本では桜が芽吹く時期であるが、ここジョホールは連日35℃を超える気候。路面温度も常時40℃を軽く超え、時には60℃近くまで上昇する。3月31日に行われた3回のフリー走行では、各ライダーともマシンセットアップ、レースに向けたタイヤの選定に追われ、走行毎に順位が入れ替わるため、どのライダーが先行してセットアップを進められているのか予想がつかなかった。
 4月1日は予選とレース1が行われた。迎えた予選、各ライダーともレースへ向けての確認も含めて複数のタイヤの組み合わせをトライしたライダーが多かった。その中でトップタイムとなる1'31.016をマークしたのは地元のZaidi(Honda)。続いて高橋(Honda)、Kamaruzaman(Kawasaki)と続き、Yudhistiraはクリアラップを確保できず1'32.127で14番手、Fadlyが1'32.178で15番手と、約1秒の間に15台が入る混戦となった。
 昨年は日曜日に2回のレースが行われていたが、今年から土、日にそれぞれレースが行われる。そのため、16周で行われるレース1は予選と同日に行われた。
 15時45分、初戦の火蓋が切って落とされた。ホールショットを決めたのはKamaruzaman。 Kamaruzamanは中盤までトップをキープ、レースをリードしていく。先頭集団は予選での結果に象徴される通り、長い隊列になった。以下、Zaidi、羽田(Honda)、小山(Honda)、Kraisart(Yamaha)、 Pratama(Honda)、West(Yamaha)、Salim(Honda)、Nakcharoensri(Yamaha)、Wilairot(Honda)、Yudhistiraという大集団は、レース中盤に差し掛かったころから動きが出てくる。その中で、Salim、Kraisartが転倒により戦線離脱、Kamaruzamanの背後には小山が迫る。一方Yudhistiraは一時ポジションを9番手まで回復するが、タイヤの磨耗が予想以上に早く、プッシュできる状況ではなくなってしまった。12周目、ついに小山が動く。バックストレートエンド、高速の第2コーナー進入でKamaruzamanのインに飛び込みトップに立つと、逃げ切りを図る。しかし、次の周の同じ場所でKamaruzamanは小山を抜き返すと、そこからペースを上げ、そのまま逃げ切って2016年シーズンの初勝利をカワサキにもたらした。以下、小山、Zaidiの順にフィニッシュ、Yudhistiraは11位に終わり、レース2に向けて巻き返しを図る。SS600クラス初参戦のルーキー、Fadlyは、ポイント圏内に一歩届かず16位でチェッカーを受けた。

 翌2日のレース2も前日と同時刻のスタートで行われた。好スタートを見せたKamaruzamanだったがすぐにZaidiがその座を奪取、Kamaruzamanの背後に高橋、Kraisart、小山、Westと続く。レース1では、先頭集団は33秒台前半で周回を重ねたが、レース2では32秒台中盤と前日よりも早いラップタイムを刻んだため、Zaidi、Kamaruzaman、高橋の3台とWest以下7~8台の集団との差が徐々に開き始める。レース中盤にはその差は3秒まで開いたところでセカンドグループが動き出す。SalimがWestをパスすると、それに小山も続き、トップグループとの差を徐々に詰め始める。いよいよ終盤、残り3周2コーナーでKamaruzamanがZaidiをパス、ここからKamaruzamanとZaidiの激しいドッグファイトが最終ラップまで展開される。Zaidiに先行を許したKamaruzamanは2コーナーでトップに立ち、続く3コーナーでZaidiが仕掛けるもそのまま逃げ切り、見事ダブルウィンを達成した。
 レース1と異なるセッティングで臨んだYudhisthiraは1周目を10番手で通過、徐々に順位を上げ、ペースが落ちてきたWestに肉薄、ついには最終ラップでWestをかわし、6位でチェッカーを受けた。
 ルーキーのFadlyは14位でフィニッシュ、2レース目で早くもポイントを獲得、今後の成長に期待したい。
 第2戦は5月6~8日、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催される。

  • #25 Azlan Shah Kamaruzaman
  • #25 Azlan Shah Kamaruzaman

リザルト

Race 1

Pos. No. Rider Machine
1 25 Azlan Shah Kamaruzaman Kawasaki
2 71 小山 知良 Honda
3 21 Md Zaqhwan Zaidi Honda
4 20 Dimas Ekky Pratama Honda
5 77 羽田 大河 Honda
6 59 Ratthapong Wilairot Honda
7 13 Anthony Keith West Yamaha
8 100 Thitipong Warokorn Honda
9 1 高橋 裕紀 Honda
10 14 Anucha Nakcharoensri Yamaha
11 33 Ahmad Yudhistira Kawasaki
12 12 Md Fitri Ashraff Razali Yamaha
13 91 Jakkrit Sawangswat Honda
14 41 芳賀 紀行 Suzuki
15 76 伊藤 勇樹 Yamaha
16 108 Andy Muhammad Fadly Kawasaki
17 78 Michael Blair Yamaha

Race 2

Pos. No. Rider Machine
1 25 Azlan Shah Kamaruzaman Kawasaki
2 1 高橋 裕紀 Honda
3 21 Md Zaqhwan Zaidi Honda
4 31 Gerry Salim Honda
5 71 小山 知良 Honda
6 33 Ahmad Yudhistira Kawasaki
7 20 Dimas Ekky Pratama Honda
8 13 Anthony Keith West Yamaha
9 59 Ratthapong Wilairot Honda
10 77 羽田 大河 Honda
11 100 Thitipong Warokorn Honda
12 24 Decha Kraisart Yamaha
13 41 芳賀 紀行 Suzuki
14 108 Andy Muhammad Fadly Kawasaki
15 78 Michael Blair Yamaha
16 12 Md Fitri Ashraff Razali Yamaha
17 76 伊藤 勇樹 Yamaha
18 91 Jakkrit Sawangswat Honda
19 98 Patis Chooprathet Suzuki

2016年 アジアロードレース選手権 ポイントランキング

Page Top