カンパニー情報

カンパニー情報

モーターサイクル&エンジンカンパニーについて

about kawasaki heavy industries company about kawasaki heavy industries company

概要

モーターサイクル&エンジンカンパニーは川崎重工の中で唯一、直接一般消費者に商品を提供する部門です。 二輪車、ATV(四輪バギー車)、レクリエーション ユーティリティー ビークル、多用途四輪車、「ジェットスキー®」ウォータークラフト、汎用ガソリンエンジンなどの幅広い製品を生産し、世界中の市場に提供しています。

航空機用エンジンの開発・生産ノウハウを活用し1953年に二輪車用エンジンの生産を開始して以来、「H1」、「Z1」、「GPz900R」など数々の歴 史的名車を世に送り出してきた二輪車では、市場のニーズに的確に応える商品展開を行っており、「カワサキ」ブランドのイメージ高揚に貢献しています。

1973年に世界に先駆けて開発した「ジェットスキー®」 では、環境対応に優れた4ストロークエンジンモデルを主力に、スーパーチャージャーを搭載するなど、技術力の優位性を誇っています。また、汎用ガソリ ンエンジンでは、手のひらに乗る23ccの超小型から1000ccのVツインまで多種のエンジン、およびそれを搭載した刈払機、ブロアーなどを販売しています。

川崎重工はすべての事業部門が、高出力とそれを制御する高精度なパワー制御技術を融合させる、厳格な品質管理基準を持っており、二輪車など当カンパニーの 製品にも例外なく適用されています。さらに、当社は「環境」問題への対応を重要課題にしており、低環境負荷技術を追求した低燃費でクリーンなエンジンの生産は、高水準 の品質管理体制のもとで達成することができるものと考えています。

当カンパニーのマザーファクトリーは兵庫県明石市にあり、 米国、南米やアジアの国々に生産拠点を展開しています。明石工場では、生産活動においても地域社会との調和を図りながら、工場内リサイクルの推進、処理しや すい梱包材への転換など、地球環境を守り続けるために努力しています。

2010年4月1日、当カンパニーはカンパニー名を「汎用機カンパニー」から「モーターサイクル&エンジンカンパニー」に変更しました。新カンパニー名は、当カンパニーの基礎を築いた主力の二輪車事業と汎用ガソリンエンジン事業の名称を冠しています。

これからも当カンパニーは、「高度な環境技術」、「Fun to Ride」(走る悦び、操る楽しさ)、「Ease of Riding」(乗りやすさ)を商品開発の基本理念とし、さらなるカスタマーサティスファクションを追求していきます。