頂点をめざす。可能性を広げる。
川崎重工120年の歩み。

川崎重工は、常にテクノロジーの頂点を目指すことで、事業領域を拡大しながらも各分野におけるリーディングカンパニーであり続けてきました。創業以来120年に及ぶ、その歩みをご紹介いたします。

  1. 1896

    株式会社川崎造船所を創業。その第一番船が727総トンの貨客船「伊豫丸(いよまる)」です。川崎造船所の歴史は日本の近代造船の歴史と言えます。

    伊豫丸の写真

    1986

    伊豫丸の写真

    株式会社川崎造船所を創業。その第一番船が727総トンの貨客船「伊豫丸(いよまる)」です。川崎造船所の歴史は日本の近代造船の歴史と言えます。

  2. 1911

    1907年に車両制作を開始。4年後に国産化第一号の蒸気機関車を世に送り出しました。

    蒸気機関車の写真

    1911

    蒸気機関車の写真

    1907年に車両制作を開始。4年後に国産化第一号の蒸気機関車を世に送り出しました。

  3. 1922

    1918年兵庫工場に飛行機科を設置。その4年後に当社初の航空機を完成させました。

    航空機の写真

    1922

    航空機の写真

    1918年兵庫工場に飛行機科を設置。その4年後に当社初の航空機を完成させました。

  4. 1952

    航空機用エンジンの開発・生産ノウハウを活用し二輪車用エンジンの第1号機「KE-1」を設計。モーターサイクルの分野へ進出します。

    KE-1の写真

    1952

    KE-1の写真

    航空機用エンジンの開発・生産ノウハウを活用し二輪車用エンジンの第1号機「KE-1」を設計。モーターサイクルの分野へ進出します。

  5. 1972

    量産車として世界で初めて、DOHCインラインフォーエンジンを搭載したモデルが「Z1」。スーパースポーツの先駆をなす名車として今日まで語り継がれています。

    Z1の写真

    1972

    Z1の写真

    量産車として世界で初めて、DOHCインラインフォーエンジンを搭載したモデルが「Z1」。スーパースポーツの先駆をなす名車として今日まで語り継がれています。

  6. 1973

    今までにない新しいカテゴリーのマリンレジャー製品として、パーソナルウォータークラフト「ジェットスキー」を開発。

    ジェットスキーの写真

    1973

    ジェットスキーの写真

    今までにない新しいカテゴリーのマリンレジャー製品として、パーソナルウォータークラフト「ジェットスキー」を開発。

  7. 1979

    西ドイツのMBB社(現・Eurocopter Deutschland GmbH)と共同開発した「BK117ヘリコプタ」が初飛行。わが国初の国際共同開発によるヘリコプタとなりました。

    BK117ヘリコプタの写真

    1979

    BK117ヘリコプタの写真

    西ドイツのMBB社(現・Eurocopter Deutschland GmbH)と共同開発した「BK117ヘリコプタ」が初飛行。わが国初の国際共同開発によるヘリコプタとなりました。

  8. 1981

    ATV (All-Terrain Vehicles)の第1号機「KLT200」を発売。遊びと仕事の世界を広げました。

    KLT200の写真

    1981

    KLT200の写真

    ATV (All-Terrain Vehicles)の第1号機「KLT200」を発売。遊びと仕事の世界を広げました。

  9. 1981

    新たな造船分野として、わが国初のLNG(液化天然ガス)運搬船「GOLAR SPIRIT」を完成。

    GOLAR SPIRITの写真

    1981

    GOLAR SPIRITの写真

    新たな造船分野として、わが国初のLNG(液化天然ガス)運搬船「GOLAR SPIRIT」を完成。

  10. 1984

    高性能なインラインフォーエンジンを軽量コンパクトなシャーシに搭載し、優れたパフォーマンスで世界各国の記録を塗り替えた「GPz900R」。現在まで続く人気モデル「Ninjaシリーズ」の始まりです。

    GPz900Rの写真

    1984

    GPz900Rの写真

    高性能なインラインフォーエンジンを軽量コンパクトなシャーシに搭載し、優れたパフォーマンスで世界各国の記録を塗り替えた「GPz900R」。現在まで続く人気モデル「Ninjaシリーズ」の始まりです。

  11. 1988

    多用途四輪車の第1号機「MULE 1000」を発売。「Multi-Use Light Equipment」の名の通り、軽量で、頑丈で、使い勝手に優れた四輪車を求めるさまざまなシーンで活躍しました。

    MULE 1000の写真

    1988

    MULE 1000の写真

    多用途四輪車の第1号機「MULE 1000」を発売。「Multi-Use Light Equipment」の名の通り、軽量で、頑丈で、使い勝手に優れた四輪車を求めるさまざまなシーンで活躍しました。

  12. 1991

    トンネル掘削機「T2」が、ドーバー海峡を貫通。イギリスとフランスを結ぶ海底鉄道を実現しました。

    トンネル掘削機「T2」の写真

    1991

    トンネル掘削機「T2」の写真

    トンネル掘削機「T2」が、ドーバー海峡を貫通。イギリスとフランスを結ぶ海底鉄道を実現しました。

  13. 1998

    橋長3,910m、高度な鉄構技術を駆使した「明石海峡大橋」が、世界最長の吊り橋として完成。

    明石海峡大橋の写真

    1998

    明石海峡大橋の写真

    橋長3,910m、高度な鉄構技術を駆使した「明石海峡大橋」が、世界最長の吊り橋として完成。

  14. 2007

    世界最高性能を持つ「グリーンガスエンジン」が完成。発電機と組み合わせて試運転を行い、発電効率48.5%を達成しました。

    グリーンガスエンジンの写真

    2007

    グリーンガスエンジンの写真

    世界最高性能を持つ「グリーンガスエンジン」が完成。発電機と組み合わせて試運転を行い、発電効率48.5%を達成しました。

  15. 2016 2016

    幅広い事業展開が生み出す、
    カワサキの「違い」

    川崎重工は世界中の人々の豊かな生活を実現するために、120年の長きに渡りものづくりに携わってきました。私たちの事業は造船業から始まりましたが、現在ではモビリティ、エネルギー、産業機器、そしてモーターサイクルをはじめとするレジャー製品と、さまざまな分野へと拡大しそれぞれの領域で新しい価値を創造し続けています。

    RIDEOLOGY

    幅広い事業展開で培った独自の技術は、モーターサイクルのライドフィールにも強い影響を与えています。それは、歴史的名車と称されるZ1やオリジナルNinjaから最新のNinja H2にまで、変わることなく継承されているカワサキのこだわりの「走り」なのです。カワサキのモーターサイクルは、「走り=RIDE」への「こだわり=IDEOLOGY」すなわち「RIDEOLOGY」によって、全てのライダーの心を豊かにします。